裏ハムラ法

大阪で裏ハムラのクマ取りをした女性のイメージ

about

裏ハムラ法とは?

裏ハムラ法でクマを改善した症例
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。

ハムラ法は、目の下のたるみやクマを改善するための美容手術のひとつです。
目の下に存在する、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪の位置を調整することで、たるみやクマの改善が期待できます。
目の周りには、眼球を守るような形で脂肪がついており、その脂肪を支えるように筋肉(眼輪筋:がんりんきん)が存在します。
年齢や生活習慣によって、肌のハリや筋肉が衰えてくると、徐々に脂肪を支える力が弱くなり、重力によって脂肪が垂れ下がるような形になります。
このようなメカニズムによって、目の下にたるみやクマが出現するため、状態を改善するためには、「眼窩脂肪を適切な位置に移動させる」ことが大切になります。

裏ハムラ法は、まぶたの内側(結膜側)からアプローチして、眼窩脂肪の位置を調整する手術方法です。
表面側の皮膚を切開せずに脂肪を再配置することができますので、顔に傷跡を残さずに、たるみやクマをしっかりと改善することができます。

e-クリニックは、全国トップレベルの技術力が自慢の美容クリニックです。
経験豊富な医師のみが施術(手術)を担当いたしますので、美しく洗練された仕上がりを実現できます。
目の下のクマやたるみが気になるという方は、どうぞお気軽に、eクリニックまでご相談ください。
お客様お一人おひとりの目元の状態を診察し、理想の仕上がりをお伺いしたうえで、最適な施術方法をご提案させていただきます。

大阪で人気のクマ治療のご予約はコチラから⇒


Features

裏ハムラ法の特徴

ハムラ法の脂肪を再配置している図解

ハムラ法には、表ハムラ法と裏ハムラ法と呼ばれる術式があり、表ハムラ法は皮膚側(表面側)を切開して眼窩脂肪の位置を調整します。
一方、裏ハムラ法は、下まぶたの粘膜側から眼窩脂肪にアプローチするため、皮膚表面に傷跡を残さず、より体への負担の軽い手術ができるという特徴があります。
しかし、裏ハムラ法では、表ハムラ法のように、余った皮膚の切除を行なうことが難しいため、目元の状態によっては、裏ハムラ法が適さない場合もあります。

どちらの術式が良いかということは、お客様お一人おひとりによって異なります。
eクリニックでは、豊富な実績を持つ医師が、お客様の目元の状態を確認させていただいた上で最適な施術法をご案内させていただきますので、どうぞご安心ください。

recommendation

裏ハムラ法がおすすめな方

  • 目の下のたるみやくまが気になる方
  • 皮膚の切開をしたくない方
  • より体への負担の軽い手術を希望する方
  • ダウンタイムを短くしたい方
  • 目元をスッキリと若返らせたい方
downtime

裏ハムラ法のダウンタイム

考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。

裏ハムラ法のダウンタイムは比較的短く、通常は、手術後数日から1週間程度で腫れや内出血が引いていきます。
皮膚の切開を行わないため、表ハムラ法よりもダウンタイムが短くなりやすいです。
手術当日も首から下のシャワー浴は可能ですが、目の周りを濡らさないようにご注意ください。
洗顔は避け、濡れタオルなどで軽く拭く程度にしておきましょう。
目元以外のメイクは当日から可能ですが、目元のメイクは最低でも3日間程度は避けるようにしてください。詳しくはカウンセリング時に医師にご確認ください。

difference

裏ハムラ法と脱脂の違い

経結膜脱脂と裏ハムラの違いの図解

裏ハムラ法と脱脂(経結膜脱脂:けいけつまくだっし)は、どちらも目の下の眼窩脂肪にアプローチする手術ですが、目的と方法が異なります。
脱脂は、目の下の余分な脂肪を取り除くことで、たるみやクマを改善しますが、「脂肪を除去する」ことを目的としているため、場合によっては目元がくぼんで見えてしまうことがあります。
一方、裏ハムラ法は、「脂肪を移動させる」ことを目的としており、より自然にたるみやクマを改善することが可能です。
目元の脂肪が多く、膨らみが目立っているという方は脱脂がおすすめですが、目の下の窪みや凹凸が気になるという方は、裏ハムラ法が適している可能性があります。

difference

裏ハムラ法と表ハムラ法の違い

表ハムラと裏ハムラの違いの図解

裏ハムラ法と表ハムラ法は、眼窩脂肪の位置を調整することで、目の下のたるみやクマを改善する手術方法です。
表ハムラ法は、まぶたの外側からアプローチし、皮膚を切開して脂肪を移動するのに対して、裏ハムラ法は、まぶたの内側からアプローチし、皮膚を切開せずに脂肪の位置を調整します。
表ハムラ法は、皮膚の余りが多い場合や、たるみの程度が大きな場合に適しており、裏ハムラ法は、身体的な負担を抑えて、よりダウンタイムを短くしたいという場合におすすめです。

お客様の現在の目元の状態や、理想的な仕上がりのイメージによって、最適な施術方法(手術方法)は異なりますので、目の下のクマやたるみが気になるという方は、まずはeクリニックまでご相談ください。
豊富な経験と実績を持ち、技術力やデザイン力の高い医師が、お一人おひとりに最適な方法をご提案させていただきます。

大阪で人気のクマ治療のご予約はコチラから⇒

flow

裏ハムラの手術の流れ

裏ハムラの切開ライン

麻酔をした後、下瞼を裏返します。そしてまぶたの裏側の結膜側を少し切開します。

裏ハムラで眼窩脂肪を出しているところ

クマの原因となっている眼窩脂肪を露出させます。

裏ハムラで眼窩脂肪を移動させている図解

過剰な脂肪を目の下の凹みの下に移動させて凹みを平たんにします。移動した脂肪は骨膜に縫合して固定します。場合により余分な脂肪を除去します。縫合は不要なので後日、抜糸はありません。

case

クマ取りの症例写真&症例動画

考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
20代の目の下のクマ取りの症例写真
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
目の下のクマ取りの症例写真
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
目の下のクマ取りの症例写真
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。
考えられるリスク・副作用
だるさ・熱感・頭痛・痒み・浮腫・発熱等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。

Price

料金

裏ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)

Related Column 関連コラム

Doctor このページの監修医について

脇谷 雄一朗の宣材写真

脇谷 雄一朗 Yuichiro Wakiya

e clinic 大阪院 院長

経歴

略歴

  • 大阪大学医学部医学科卒
  • 武蔵野赤十字病院
  • 大阪市立総合医療センター
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 和歌山県立医科大学附属病院
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 大阪市内個人美容皮膚科
  • 大手美容外科
  • eクリニック 大阪院 院長就任

Related Columns

関連コラム

無料カウンセリングのご予約はこちら